■ CYMA 459 17Jewels   1950年代
 
 
今回は、2回続いた目覚まし時計から 腕時計へ戻ります。
 
おじさん時計代表、 シーマ のご紹介です。
 
機械は、懐かしの出車式の中三針というやつです。
 
 
↓ モノクロがピッタリの時計です。
イメージ 1
 
 
↓ 50年前にタイムスリップしたようです。
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
では・・・そろそろ 現代に戻りましょうか!・・・
 
 
↓ 実は、ケースは、ゴールドだったのです! カラーでないとわからないですね~
イメージ 4
 
 
 
↓ 50年代の割に程度がGOODですね~。 からくりは・・・新品ケースと文字盤に交換してあるからです。
 
  3時9時リューズ含まず 約36mmです。ケース枠(ベゼル)部分が薄いので数字より大きく見えますね。
イメージ 5
 
 
な・な・なんと!! 文字盤(ダイアル)の下部には、UMEDA MADE とあります。
 
梅田でしょうか? 他に持っている Cyma459 の時計には、SWISS MADE と入っています。 
 
ん~。当時の関税の関係でしょうか?それとも補修用は、国産だったのでしょうか?
 
当時の事を知る時計屋さんとかしかわからないかも!ですね。
 
謎です・・・・
 
 
↓ 機械(ムーブメント)は、Cal:R459 出車式です。 本中三針を見慣れてる目には、新鮮ですね!
イメージ 6
 
 
本中三針とは、普通のセンターセコンド式(sweep second)の3針式
 
つまり時分秒の針が時計の中心から伸びてるヤツの事です。
 
当時は、スモールセコンド(=sub second 時分の針とは別に下とかに秒針が付いてるヤツ)から
 
センターセコンドへ移行する際の過程でギヤを一枚増やして秒針をセンターに持って行った
 
出車式中三針というのが先にあった為、区別するのにそう言ったのです。
 
今じゃ~余り言わないと思います。 
 
話がそれましたが、このCYMAは、出車式です。 
 
写真では、後からとってつけた様な乗っかってるギヤがそうです。
 
ムーブメントから出た歯車!まんまのネーミングがGOODですね。 
 
角穴車(写真の下の大きい歯車)にTAVANNES SWITZERLANDとみえます。
 
タバン → シーマ が まだ混じっています。こんなところも ヴィンテージ好きには
 
たまらないところなんですよね!
 
 
■ CYMA 459 17Jewels   1950年代
 
Cal:CymaR459
 
manual wind
sweep second
Data
17 jewels
f = 18000 A/h
power reserve 42h
 
 
See you again! have a nice day and nice life !
 
 
See you again! have a nice day and nice life !

◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています→ https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好き



img_livedoor
Livedoor時計ランキング → https://blog.livedoor.com/category/582/ ← 時計ランキング
 
ユニット01