■ CYMA CYMAFLEX R459  1950年代  その3
 
  
  時計をいじれず、ネタ切れになりつつある日々が、いまだに続いております・・・
 
今回は、分解はありませんが、以前に再生させたビンテージシーマのご紹介です。
 
去年末にもビンテージシーマフレックスをご紹介いたしましたが、今回は、同じシーマフレックスですが、
 
ダイアルとケースが違うモデルをご紹介いたします。
 
 
 
 ↓ CYMA CYMAFLEX 17石 1950年代の素敵なビンテージ腕時計です。
 
イメージ 1
 
 
 ↓ インデックスは、彫刻等で彫ったような凹状のものです。
 
イメージ 2
 
 
↓ ムーブメントは、当ブログではおなじみの Cal:R459 出車式の3針ムーブメント。
 
  角穴車には、SWITZLAND TAVANNESの文字がみえます。
 
  (写真ボケちゃいました・・過去記事の方が鮮明なので宜しければそちらで)
  
  以前にも書きましたが、CYMAが、まだCYMAであった時代のムーブメントはGOODですね。
 
  出車や耐震装置とかが、変わった作りで機械好きにはたまりませんね。
 
イメージ 3
 
 ↓ 裏蓋の裏側は、ペラルージュ模様が入っています。
 
   時計自体の厚さも薄くドーム風防の厚みを入れても9mm程です!!
 
イメージ 4
 
 
 ↓ 前回のCYMAFREXと並べて撮影してみました。
 
イメージ 5
 
 
今回ご紹介のシーマですが、実は、2個1です。といってもケースのみ交換しました。
 
真鍮にメッキのケースは、汗?等で後ろ側が、とても・・の状態でした。
 
幸いムーブメントとダイアルは、状態がよく、部品取り用の同モデルのSSケースの
 
手持ちが、ありましたので交換しました。
 
因みにそちらは、ダイアルは悲惨な状態です。
 
ジャンクボックスでいつの日かの復活を待っている状態です!?
 
(こうしてジャンク無限ループに堕ちてゆくのです・・・)
 
 
 
 
さて、早速、腕にはめて街へくり出しましょう!!
 
 
 ↓ LOMO加工してみました。
 
イメージ 6
 
 
 ↓ ダイアルと風防が湾曲しておりそれに合わせて分針、秒針も湾曲しているのが良く解ります。
   
    こういったところが、ビンテージ時計の味ですね!
 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 まだOHとかする余裕がなく、以前再生した時計の紹介になってしまいました・・・
 
 (一応、写真は、昨日、今日で撮影しました。)
 
 早くいじりたい今日この頃です!!
 
 CYMAは、僕の好きなブランドのひとつですが、50年代の物は、状態の良いものは少なく
 
 なってきましたね。(当ブログの趣旨ではの話ですけど・・)
 
 このCYMAも大事に使って行きたいと思います。
 
 
 
 ビンテージCYMAは、やはり素敵ですね! ビバ、チープシック!
 
 
 
■  CYMA CYMAFLEX R459  1950年代
 
Cal:CymaR459
 
manual wind
sweep second
Data
17 jewels
f = 18000 A/h
power reserve 42h
 
See you again! have a nice day and nice life !

◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています→ https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好き



img_livedoor
Livedoor時計ランキング → https://blog.livedoor.com/category/582/ ← 時計ランキング
 
ユニット01