■ BENRUS  SERIES #3001    clibre ETA2391 17jewels 1960年頃
 
 
今回は、スイスのベンラスをご紹介します。  
 
ベンラスは、2回目です。
 

 
50年代からある機械を搭載しています。
 
50年代は、テンワがチラネジ仕様、その後、スムースになった模様?です。
 
個体は、スムースタイプですので60年頃かなと?正確には、はわかりません。 
 
この時計の大きな特徴は、ワンピースケースという事でしょうか。
 
ですので分解は、風防側からになります。
 
裏蓋が、無いって事ですね。
 
工具は、SEIKOのワンピースケースオープナーを使いました。
 

 
 
 
↓ まずは、完成写真から
 
イメージ 13
 
 
 
-----------------------------------------------------------------------
 
 
 
  ここからは、OHの様子などを少々。
 
 
↓ これが、SSワンピースケースです。 磨きのビフォーアフターで!
 
イメージ 1
 
 
↓ ETA2391です。 なんか素敵な機械です。
 
イメージ 2
 
 
↓ ピンボケですみません。 コハゼとコハゼバネが凝った作りになってました。
 
イメージ 14
 
 
↓ 2391の刻印が見えます。 何の変哲もない機械ですが、少し華奢な感じがしないでもないです。
 
イメージ 3
 
 
↓ バラけました・・・
 
イメージ 4
 
 
↓ 裏返してこちら側もバラしましょう。
 
イメージ 5
 
 
↓ バラけました・・・
 
イメージ 6
 
 
↓ パレットにならべました。 この後、洗浄作業に入ります。
 
イメージ 7
 
 
↓ 途中割愛で 組み上がりました!!
 
イメージ 8
 
 
↓ 薄いですね~。
 
イメージ 9
 
 
↓ 裏蓋の無いワンピースケースなので腕の汗の新入は、防げそうです。
 
イメージ 10
 
 
↓ 良い感じの写真が撮れました。  
 
  向こうに見えるのはウイスキーグラス? JAZZの流れているバー? 
 
  もうすぐ0時だけど終電は大丈夫かな。
 
  ここはいったいどこなのでしょう?
 
イメージ 11
 
 
↓ ラーメン屋さんでした。 12時の昼時。 これ、ちょい辛極塩ラーメンって云います。
 
イメージ 12
 
 
ここまでお気づきの貴兄はいっらしゃいましたでしょうか?
 
文字盤には、SELFWIDING の文字が・・・
 
HANDWININGなんですけどね。 
 
本来はここにSHOCK-ABSORBERと入るのが正解です。
 
ダイアルデザインは同じなんですけどね~。
 
いつの日か機会がありましたら交換しましょう。
 
 
 
今回は、50年以上前のベンラス君が、蘇りました!
 
ちょっと違っちゃいましたけどね・・・ 
 
 
 
では、また!
 
 
  
 
 ■ BENRUS  SERIES #3001    clibre ETA2391 17jewels 1960年頃
  
  Hand Winding
  sweep second
   Cal :ETA2391
   17jewels
  18000/h
  power reserve 47h
 
 


See you again! have a nice day and nice life !

◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています→ https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好き



img_livedoor
Livedoor時計ランキング → https://blog.livedoor.com/category/582/ ← 時計ランキング
 
ユニット01