■ CYMA by Synchron  rectangular  17jewels  
 
 
今回は、CYMAの角型ドレスウォッチ
 
のご紹介です。
 
今回は、OH作業は無いのですが、
 
ちょっと不思議な事を発見しました
 
のでご報告です。
 
 
↓ ブツは、これです!
 
イメージ 1
 
 
なんの事ない2針の角型金ケースの
 
ドレスウォッチです。
 
三角マークと「CYMA by SYNCHRON 」 と文字盤に書かれています。
 
つまりは、SYNCHRONグループ時代のCYMAです。
 
SYNCHRONとは、Ernest Borel、Doxa、Cymaの三社が作った企業連合Ebauches SAで
 
1966年発足して1978年解体していますからその間の製造となります。 
 
実は、ムーブメントのブリッジにCYMAと彫りこまれて地板には、0180Aと有ります。
 
CYMAで0180Aを探したのですが、資料が結局見つからずでした。
 
しかし・・・
 
その過程でこのムーブ実は、シチズンで有る事が判明したのです!
 
 
↓ これが、個体に搭載されているCYMAムーブメントとシチズンのムーブメント。
 
イメージ 2
 
 
どうでしょう?同じですね~。
 
CITIZEN 0180Aで検索するとスグHit!します。
 
CITIZEN 0180Aは、70年代に製造されたムーブメントで
 
0110が基ムーブメントの様ですが、詳細はわかりません。
 
(ピンクページに数字の近い0170が載っておりその基が0110とありました。
同ページの写真は、0153でしたが、基本構造は、同じでした。)
 
クオーツショックの経営難からSYNCHRONを作ったわけですから
 
恐らく、ムーブメントの供給を受けコストを抑えたのでしょうか。
 
クオーツショックの元凶の日本のメーカーから供給を受けたというのは、
 
もうそこまでしないと生き残れない状況だった?
 
などと想像をしてしまいます。
 
実際に死亡してしまいましたが・・・
 
個体は、SYNCHRONで有る事から70年代製と思われます。
 
終盤だとしても78年ですから36年経っている事になります。
 
OHしないとですね~!!
 
 
 
↓ なかなか端正な顔だちです。
 
イメージ 3
 
 
↓ サイドの山形がアクセントになってますね。
 
イメージ 4
 
 
↓ ケースとムーブメントは、こんな関係です。
 
イメージ 5
 
 
↓ 古典的なパッケージ方法です。
 
イメージ 6
 
 
 
↓ CYMA by Synchron  は、案外見かけませんね。
 
イメージ 7
 
 
CYMA by Synchron が、僕の中でのギリCYMAでしょうか。
 
この後のCYMAは、CYMAでも別物と思ってます・・・。
 
まったくもっての私感ですけど。
 
 
 
では また! 
 
 
  
■ CYMA by Synchron  rectangular  17jewels  
 
 Cal:0180A(cyma/citizen)
 manual wind
 sweep second
 17jewels
  18000 A/h
  PRASHOCK
 
 

See you again! have a nice day and nice life !

◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています→ https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好き



img_livedoor
Livedoor時計ランキング → https://blog.livedoor.com/category/582/ ← 時計ランキング
 
ユニット01