■ Orient 46941  21 Jewels 1970年代~



↓ まずは完成写真から

tiltshift



 今回は、1970年代製キャリバー46941搭載、ローマンインデックス オリエント21石の紹介です。

いろいろと調べましたが、よくわからないモデルです。

ORIENTのロゴやムーブメントからHaことハイエースと同じ1970年代製と推測しています。

また、ローターが大きいので初期型とも思われます。

Cal:46941は、言わずと知れたセイコーのマジックレバー式自動巻き機構を採用したモデルです。




さて、早速ですが、分解の様子などをレポートします。


↓ 入手時の状態です。

IMG_2215



↓ 大まかにバラしました。 やはり半世紀分の汚れは凄いです。

IMG_2216


いつもと一緒ですが・・・

ここら辺でよーく観察して不具合とかOHの段取りとかを考えます。

カレンダーは、キチンと切り替わるのか、天真は折れていないかとか・・・

ケースとか風防は先に磨こうか後にしようか・・・とか

いろいろと想いを巡らせます。

ムーブメントは、大きな問題は無さそうです。

一番の問題は、ガラス製風防のキズです。

勿論、パーツは持っていませんので再生することにします。

順番としては、ガラス磨き→ケース磨き→ムーブメントOHです。


↓ ガラス磨きました。 ビフォーアフターです。

IMG_2217

IMG_2218


ガラス風防再生は、面倒ですが、パーツ入手困難なアンティーク時計には

うってつけです。最近は、研磨粉の番手♯3000を入手しましたので再生時間が

短縮できました。・・・と書いても意味わからないと思いますので過去記事

 ↓ を参照下さい。(興味がございましたら)

■ ガラス風防再生へ挑戦


↓ ムーブメントOH前に試しにタイムグラファーにかけてみました。

IMG_2219


凄い数字です!!さてOHでどこまで直るのでしょうか・・・。


↓ ケースから外したムーブメント一式。

IMG_2220


↓ 針を外します。 奥に見えるのが針外しです。 

  外す時は、文字盤にビニールを被せてビニール越しに針を外します。

  これをしないと文字盤にキズが付きます。

IMG_2221


↓ デイデイトのディスクが現れました。

IMG_2222


↓ デイディスクを外しました。

IMG_2223



↓ 機械台に載せました。

IMG_2224


↓ アップです。

IMG_2225


↓ 押さえをはずしました。 

  飛んでいく様な小さいバネはありません。

  これより少し前の機械は、必ずと言っていいほど飛んで行ってしまう
  
  小さなバネが使われておりよく飛ばしました!

IMG_2226


↓ デイデイト機構を外し終わりました。 

IMG_2227


↓ 裏返して載せ替えます。 ローターは外してあります。

  マジックレバー式自動巻き機構が見えます。

IMG_2228


↓ 自動巻き機構をはずしました。

IMG_2229


↓ これが外したマジックレバー式自動巻き機構です。裏から見たところです。

  伝え車が汚れています。(下の方の歯車です。)

  こういうのを見ると定期的なOHの必要性が理解できます。

IMG_2230


マジックレバーの仕組みは、検索すれば詳しく解説されているサイトがありますので

割愛します。 セイコーミュージアムサイトなど参照下さい。





↓ 押さえを外しました。

IMG_2231



↓ 全てのパーツを外しました。 比較的綺麗です。擦れも有りません。

  香箱の軸の穴が汚れています。

IMG_2232



↓ 香箱を開けてみました。流石に半世紀経っていますので乾いています。



IMG_2234


 この後、洗浄組立の工程に入ります。

いつもの様に超音波洗浄、乾燥、注油しながらの組立を行います。

組立は、分解の逆工程なので写真とかは特に撮っておりません。

実は、写真撮るのって結構面倒なのです・・・。



↓ 組み終わたムーブメントをタイムグラファーにかけてみました。

  手前に映っている黄色い機械は、磁気抜き機です。

  組み上がったらまず磁気抜きを行います。

  磁気を帯びていると調整の意味がありませんし大きく狂います。

IMG_2238

IMG_2235



 分解前に比べればだいぶマシになっていますが、調整が必要です。


↓ だいぶ良くなってきました。

IMG_2236

IMG_2237

IMG_2239

IMG_2240

 疲れてきました・・・。

 ここら辺で手を打つことにします。

 この後、自動巻き機構、デイデイト機構を組みつけます。


↓ デイデイト機構を組みつけたらリューズ操作で切り替えがうまくいくか確認します。

  その後、文字盤を取り付け、そして針をリューズを回して日付が変わるところで

  12時に合わせて取り付けます。

IMG_2241


↓ ケースにムーブメントを入れます。
  
  この後、ローターを取り付けてグリスを塗ったパッキンを付けて

  裏蓋を閉めます。

IMG_2242

IMG_2245


↓ 完成です。

  ローマ数字は、お洒落ですね。

IMG_2244



↓ 早速、お出掛けです。何日か様子をみましたが、概ねOKです!!

IMG_2261



今回は、オリエントの  46941  21 JewelsをOHしました。

しかも珍しいローマンインデックス。

ペットネームがないので恐らく海外輸出用か廉価版なのでしょう。

ですが、初めてみるモデルでしたのでちょっと嬉しいです。

だからジャンクはやめられない。


では また! ごきげんよう!



■ Orient 46941  21 Jewels 1970年代~


automatic
no manual wind
sweep second
day: 2 languages, set by pusher at 2h
date: quickset
21600 A/H
21jewels
power reserve 42h

Detail :
Authentic vintage :Orient Automatic  wrist watch.
Movement : Orient46941
Automatic movement, 21j Ca.1970~
Case : ss
Dial : Original dial,Original hand
Crown :
Original Crown
Movement Condition & Work : Fully Serviced Movement(Clean & Oiled)



See you again! have a nice day and nice life !

◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています→ https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好き



img_livedoor
Livedoor時計ランキング → https://blog.livedoor.com/category/582/ ← 時計ランキング
ユニット01